健康診断で一番苦手な項目

健康診断で一番苦手な項目として真っ先に思い浮かぶのは、婦人科検診です。

健康診断で一番苦手な項目

47才、女性のエッセイ : 健康診断で一番苦手な項目として真っ先に思い浮かぶのは

健康診断で一番苦手な項目として真っ先に思い浮かぶのは、婦人科検診です。

子宮がん検診のお知らせが毎年役所から送られてくるのですが、今年はどうしようかなと毎回迷ってしまうのです。
一般の婦人科クリニックで受ける検診とは違って内診は無く、自分で検査キットを使い細胞を採取するというものを一度だけ受けたことがありますが、何だか不安な気持ちになるため、避けて通りたいと毎回思ってしまうのです。

しかし、考えようによっては、自分で手軽に検査キットで検査を申し込めるというのは便利で、積極的に利用すべきものなのでしょう。
婦人科検診に並んで気が重いものは乳がん検診です。
乳房をぺったんこに潰して機械に挟み撮影するというのは痛いとは聞いていましたが、一瞬のことですし、手術をするわけでもないので、大したことは無いだろうと思っていました。

しかし、実際やってみると確かに痛かったです。

翌日まで、胸に鈍痛がありました。
婦人科と乳がん検診は大事な検査でもあり、苦手な検査でもあります。

36才、男性のエッセイ : 毎年1度、会社で健康診断を実施しています

毎年1度、会社で健康診断を実施しています。日常生活に支障が無くても、気付かないところで危険信号が出ていることがあるので、とても重要なものだと認識しています。
健康診断では様々な実施項目がありますが、血液検査が非常に苦手です。
注射が昔から嫌いで、大人になった今でも怖いと感じています。血液検査から色々な事がわかるようですが、毎回注目しているのがコレステロール値です。

私は肉類が好きなのでよく食べており、仕事の関係で不規則な生活になることもしばしばあります。以前、コレステロール値が高い数値になったことがあり、毎回気にするようになりました。
デスクワーク中心で体を動かす機会が少なく運動も全くしていないので、毎回高めの数値となってしまいます。
生活改善や食生活の見直しが必要なのはわかっていますが、なかなか実行できずにいます。それゆえ、血液検査は私にとって苦手な項目のひとつであり、注射を打つことや検査結果が怖いです。

Copyright (C)2015健康診断で一番苦手な項目.All rights reserved.