健康診断で一番苦手な項目

毎年健康診断を受けているのですが、どうしても慣れない検査があります。

健康診断で一番苦手な項目

44才、男性のエッセイ : 毎年健康診断を受けているのですが

毎年健康診断を受けているのですが、どうしても慣れない検査があります。それは、血圧測定と胸部エックス線検査です。
血圧測定は腕にぐるっと測定器を巻いて計るのですが、ぐっとしめつけられるように巻いた測定器が、じわーっと締め付け圧力をかけてくるその感覚が、何かこのまま手がちぎれてしまいそうな感じがして嫌なのです。

もう1つ苦手な胸部エックス線は、まずは上半身を脱ぐのが恥かしくて嫌なのです。
大体いつも冬に検査に行きますので、機械に胸を押し当てる時、ひやっと冷たい感じがして風邪をひきそうな気持ちになるのです。

また、レントゲン室の閉め切った独特の空間の雰囲気も、息が詰まりそうな気持ちがして好きではありません。できれば、病院の各部屋をもっと明るい壁などにしてもらえると、リラックスして検査も受けられると思うのですが、自分の健康のためですので、これからも毎年忘れることなく健康診断を受けていこうと思っています。

話題になっているハナシ。調べるならココでチェック

Copyright (C)2017健康診断で一番苦手な項目.All rights reserved.