健康診断で一番苦手な項目

健康チェックを定期的にすることは大事なことです。

健康診断で一番苦手な項目

57才、女性のエッセイ : 健康チェックを定期的にすることは大事なことです

健康チェックを定期的にすることは大事なことです。
気にせずにいられるのは30代まで、40代からは生活習慣に注意して、自分の体のことを知っておくべきだと思います。
私は夫の入っている健康保険組合から補助が出るので、毎年人間ドックを受けています。血液検査や尿検査、心電図、レントゲン、腹部エコーなど基本的な項目ですが一番苦手なのは胃の検査です。
バリウムを使ったレントゲン検査はバリウムを飲むのが苦しく、胃カメラの方は小さいとはいえ飲むのは苦しいものです。

レントゲン検査か胃カメラかは選択できるのですが、いつもそこで悩みます。胃カメラの方がより精密に調べることができるので、胃がんなど早期発見には必要な検査だというのは分かっているのですが、あの気持ち悪さは何度やっても慣れません。
人によっては全く平気だと言いますが、私には恐怖です。
検査前に喉付近の神経を麻痺させる薬を飲まされるのですが、それさえも恐怖です。
あれさえなければ、健康診断はいくらでも受けようと思うほどです。

最近は胃カメラも小型化してきて、鼻から挿入するものもあるそうなので、そうした医療機関に変えてみようかとも思っています。

話題になっているハナシ。調べるならココでチェック

Copyright (C)2017健康診断で一番苦手な項目.All rights reserved.