健康診断で一番苦手な項目

健康診断で一番苦手な項目は、バリウムを使った胃の検査です。

健康診断で一番苦手な項目

53才、女性のエッセイ : 健康診断で一番苦手な項目は、バリウムを使った胃の検査です

健康診断で一番苦手な項目は、バリウムを使った胃の検査です。

バリウムを飲む前の炭酸の顆粒薬で、どうしてもゲップが出てしまうのです。
ゲップが耐えられなくて困ってしまう事が多いのです。
その我慢している状態で台の上に乗り、ぐるぐる回ってあちこち写されるのはいいのですが、ゲップを我慢した状態で自分で位置を変えるのがとても辛かったです。

多くの人が、バリウムの後に下剤を渡され、すぐに出すように言われるのですが、私の場合は体からすぐバリウムが出るので、その点は心配ありません。人間ドックで、あるビルの中にある病院でこの検査を受けた時、結果が出るまでビルの中にあるレストランの食事券を渡され食事をしました。

食後トイレに行きたくなり、バリウムを外に出したのですが流れないのです。
レストランの中のトイレではなく、ビル内のトイレだったのでたくさん個室があり良かったのですが、流れるまで悪戦苦闘したことがありました。

話題になっているハナシ。調べるならココでチェック

Copyright (C)2017健康診断で一番苦手な項目.All rights reserved.