健康診断で一番苦手な項目

年に1回の健康診断は、自分の体の状態を知るためにも大切なので、欠かさず受診しています。

健康診断で一番苦手な項目

47才、男性のエッセイ : 年に1回の健康診断は

年に1回の健康診断は、自分の体の状態を知るためにも大切なので、欠かさず受診しています。心電図や血圧、体重など数ある項目の中で、一番苦手なのが血液検査です。

会社の健康診断では、血液検査は35歳を過ぎてから義務付けられます。血液の状態を検査することで、思わぬ病気が見つかることもあり、感染症の早期発見にもつながります。血液検査はとても大切なものと頭では分かっているのですが、苦手です。
今まで、何度となく検査を受けていますが、どうしても慣れることができないのです。

血液検査を苦手とする一番の理由は、体に針を刺すのが耐えられないのです。
子供の頃、風邪をひけば必ず小児科で注射を打っていたことがトラウマになっているのです。
注射針の冷たい感触が皮膚に当たると、どうにも気持ちが悪くなるのです。
勿論大人ですから、何でもない顔で我慢していますが、苦手なことに変わりありません。
もし、本当に病気になってしまえば、嫌な血液検査や注射を打たなくてはなりません。そうならないよう、今年も血液検査をしっかり受けたいと思います。

話題になっているハナシ。調べるならココでチェック

Copyright (C)2017健康診断で一番苦手な項目.All rights reserved.