健康診断で一番苦手な項目

注射が一番苦手です。

健康診断で一番苦手な項目

57才、男性のエッセイ : 注射が一番苦手です

注射が一番苦手です。
そのため、採血がものすごく苦手で、採血が終わるまでいつも目を閉じてそっぽを向き、見たことがありません。
採血針が入る瞬間の、何とも言えないあの「チクリ」と、採血針を抜く時のあの「チクリ」とする痛さ。そんなに痛いわけではないのですが、とにかくあの微妙な痛さ、これがだめなのです。
どちらかといえば、入る時よりも抜く時の、あの変な痛みがとても苦手です。

もうすぐ全然痛みのない注射針が出てくるそうですが、それはそれでまた変な感じがするのでしょう。私たちは「注射は痛いもの」で育ってきていますから。
よく細いゴムチューブで腕を縛って血管を浮き出させ、針を刺す部分を指でさすって、消毒し、針をさす瞬間に看護師が、「チクってしますよ」と話しかけてきますが「余計なお世話だ」といつも思います。「早く終わらせてくれ」といつも思います。考えただけでもイヤです。
順番が回ってきて終わるまでは、いつもずっと無口になってしまいます。汗をかいてしまうこともあります。

話題になっているハナシ。調べるならココでチェック

Copyright (C)2017健康診断で一番苦手な項目.All rights reserved.