健康診断で一番苦手な項目

健康診断で苦手な項目はたくさんあり、注射、胃カメラなどが思い浮かびますが、ダントツで苦手なのがバリウムです。

健康診断で一番苦手な項目

54才、男性のエッセイ : 健康診断で苦手な項目はたくさんあり

健康診断で苦手な項目はたくさんあり、注射、胃カメラなどが思い浮かびますが、ダントツで苦手なのがバリウムです。

鋭利なものがあまり得意ではないので、本来なら注射が一番になりそうですが、それを通り越してバリウムが苦手なのです。
バリウムの味自体はそれほど問題ないのですが、問題は液体の量です。

小食の人間なので、一度にあまりたくさんの食べ物や飲み物を体の中に入れることに免疫がないのです。
そのため、バリウムを飲もうとすると、自然と拒否反応が出てしまい、特に初めてバリウムを飲んだ時のことは忘れようがありません。
これまでにも何度かバリウムを飲んだことがあるのですが、未だに慣れることができず、あれを飲むならば、まだ注射された方がマシだと思っています。
胃カメラも、健康診断の嫌われ者の代表格と思っていますが、それを圧倒するものをバリウムは持っていると思います。とにかく一番嫌いなのがバリウムを飲んだ時の圧迫感です。

話題になっているハナシ。調べるならココでチェック

Copyright (C)2017健康診断で一番苦手な項目.All rights reserved.