健康診断で一番苦手な項目

私が勤めている会社では、年に2回健康診断を実施します。

健康診断で一番苦手な項目

44才、男性のエッセイ : 私が勤めている会社では、年に2回健康診断を実施します

私が勤めている会社では、年に2回健康診断を実施します。そのうちの1回は30分もあれば終わる簡易的なものですが、もう1回は1時間ほどかかります。
健康診断で一番苦手な項目は、バリウムを飲む胃検診です。
もう40代半ばなのでバリウムでの検査はとても大切なものだとは分かっていますが、初めて飲んだ時からどうも苦手になっています。
苦手な理由は、殆どの方も同じだとは思いますが、まずバリウム自体がとても不味い事です。
昔と比べると大分ましになっているとは言いますが、中途半端なヨーグルトの味が何とも言えません。そして、あのドロドロ感も喉をなかなか通過せず、胃を膨らませる為の炭酸も我慢してもゲップが出てしまい苦手です。

バリウムを頑張って飲んだ後は、検査員の指示に従い左右に忙しく体を傾け、時には回転までしますが、その間もゲップを我慢し、口の中が不味いのも我慢して何とか終えるのです。

しかし、その後がまた大変です。

バリウムは早く体から出さないといけないので、下剤を飲むのですが、私はこの胃検診以外で下剤を飲んだ事がないので、これもすごく抵抗感を感じます。

話題になっているハナシ。調べるならココでチェック

Copyright (C)2017健康診断で一番苦手な項目.All rights reserved.