健康診断で一番苦手な項目

健康診断で一番苦手なのが採血です。

健康診断で一番苦手な項目

25才、女性のエッセイ : 健康診断で一番苦手なのが採血です

健康診断で一番苦手なのが採血です。

血が苦手で、どのくらい苦手かというと、夢だった看護師を諦めてしまったくらいです。
とにかくあの色が苦手で、それが自分の腕の中から抜かれていくのを見るだけで、クラクラとしてしまいます。更に、私の苦手意識に拍車をかけるのが、注射針です。
昔から先が尖ったものを向けられるのが苦手で、外出先でも自分と尖ったものが真っ直ぐに並ぶと思わず避けてしまいます。
つまり、注射は私の苦手な物事が同時に押し寄せてくるような行為なので、健康診断でダントツの苦手な項目なのです。
そのため、健康診断の時は顔をそらして針と血を見ないようにして、採血が終わったら看護師に告げてもらうようにしています。
世間には、尖ったものを向けられると、何らかの症状が出てしまう恐怖症のような方がおられますが、もしかすると私もそれらの症状なのかもしれません。それほど深刻な状況には陥らないものの、採血のある健康診断は憂鬱になります。

話題になっているハナシ。調べるならココでチェック

Copyright (C)2017健康診断で一番苦手な項目.All rights reserved.